上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前製作した自作プロレイザーですが、まっすぐに研げば研ぐほど、曲がったガラス面に密着しなくなるという事態になってました。

曲がったガラス面に蔓延ったコケをそぎ落とすには、ガラスの曲がりに応じて常に変形する刃が必要ということが分かりました。



それを考えたら、こうなりました。



razorIII01.jpg

razorIII03.jpg

カミソリを装備!
普段使ってるヒゲソリ(シッククアトロ4)の切れ味が悪くなった刃です。4枚刃をばらしてます。かなり薄いので、水槽のガラス面の曲がりにあわせて曲がってくれます。

やっぱ、よく考えられてるんだね。ADA。

razorIII04.jpg
断面

razorIII02.jpg
正面

制作費は、パイプが200円ほど。ステンレス板(切り出す前の)は300円ほど。カミソリはヒゲソリの使い古しなので0円。しめて500円くらいです。
ヒゲソリの使い古しといっても、ヒゲは切れにくくともまだまだ刃は立ってます。もちろんコケは一発KO。ヘアーグラスの上をさっと撫でると、それだけでトリミングできちゃいます。おまけにかなり錆びにくいし。


ちなみに、これを作る前、ガラスのたわみに気がついてないとき、焼入れされたステンレス包丁でも作ってみました。どんなにまっすぐ研いでも両サイドのみ細い線状にしかコケを削れませんでした。

やはり、この形状がコケとり器具の最終形態のようです。
スポンサーサイト
自作ファン「WINDY FLOWER」が完成しました!!!

windyflower02.jpg

なかなかうまくできたと思います。



◆材料
・PC冷却ファン12cm

・アクリル板 やや厚めのもの(木口面で接着できるもの)

・ACアダプター

・フレキシブルアーム
  (フレキシブルアームは、「どっちもクリップ」という、スポットライトなどをはさむ商品の、アーム部だけを取り外して使います。このアームは、中空になっていて配線を通せる上、両端がネジ&ナットになっているので、大変使いやすいです。ミニ水槽用の照明のアームにもつかってます。)

・熱収縮チューブ、圧着端子など



◆細部

windyflower07.jpg
まずはファンのフレームを切断して、真ん中のモーター&羽のみにします。
羽を傷つけないように注意します。
(※追記 切断の際に、ニッパーやペンチで切ろうとすると、他の必要な部分にヒビが入りやすいです。小さいのこぎりなどを使いましょう。私はルーターのミニ丸鋸で切りました。)

windyflower03.jpg
そして、細く切ったアクリル板を、アクリル用接着剤でしっかりと接着します。
アクリル接着は、うまくいくとつなぎ目が見えなくなって、かなりきれいになるので、気持ちいいです(^▽^)


windyflower06.jpg
フレキシブルアームをつなぐための、小さいアクリル板を接着します。ここは特に注意して接着します。うまくくっついてないと、ぺろーんとなって、ファン本体が水没するので、慎重に。
ここは、接着よりも、熱でぐにっと曲げたほうが良いかもしれません。

windyflower05.jpg
コードを通す穴をあけて・・・
フレキシブルアームの中へ。

windyflower09.jpg
あとは、アダプターにつなげて、完成です!!
アダプターは、ファンにあったものを選びましょう。今回使ったファンはDC12V で、180mAですので、アダプターはアウトプットがDC12V 350mAのものを選びました。
+と-にも気をつけましょう。普通、真っ黒な線が-です。
このアダプターの場合、端子の外側が-ですね。




windyflower11.jpg
設置。


windyflower10.jpg
始動!!!


風向自在。音も静かで、冷却性抜群!!お気に入りのアイテム殿堂入りですヽ(´∀`*)ノ
最近、構想ばっかりで製作をおこたり気味のatabishです。

今回も構想です。

今回は、次期導入予定の水槽の台の製作です。


図面です。表記などは適当ですw
pedestal01.png

コストと安全面から、材料はパイン集成材を使います。
無垢材はカッコいいですが、水槽台という製品が故、水に近く反りが怖いので集成材です。扉は観音開きにします。


主役の水槽の導入がまだはっきりしないので、製作はもう少し先になりそうです。
次回乞うご期待!
windyflower01.gif

さて、日差しが眩しい季節になってきました。静岡では、日中の気温が30度を上回るようになりました。
この時期に必要になるのが、冷却装置。去年までは、小型扇風機を水面に向けて風を送っていましたが、とても不恰好。ちょっとコジャレたファンを作ってみようと思います。

上の画像にあるように、柄に羽がついただけのごくシンプルなファンです。柄をパイプにすれば電源コードも中に収められるのですっきり。

今んとこの構想は、PC用の冷却ファンのモーターとファンのみを残し、まわりの四角をとっぱらいます。そんで、モーターの台に柄を取り付けて完成。金属羽の小型扇風機にしようかとも思いましたが羽がむき出しになるので、安全性を考えて、プラ製にします。
柄の曲げは、角度を自由に変えられるようにフレキシブルにしようと思います。

細部をもっと煮詰めて、材料調達、製作していきます。
次回をお楽しみに。
こんにちは。

水草水槽をやっている人は、一度は、肥料について考えたことがあるとおもいます。
私もそのうちの一人でして、素人なりにいろいろ考えてみました。そこで、農業の観点から、今日当たり前になっているアクア肥料について、一言モノ申します!!!(違



多量元素と微量元素


◆多量元素
多量元素とは、炭素、酸素、水素、窒素、リン、イオウ、カリウム、カルシウム、マグネシウムの9種類。微量で足りる微量元素に対して、多量元素と呼ばれている。

◆微量元素
微量元素とは、鉄、亜鉛、マンガン、銅、ホウ素、モリブデン、塩素の7種類。この7種類は微量で足りる。

多量元素と微量元素を必須元素といいます。



それではもう少し詳しくみていきましょう。

◆炭素C・酸素O・水素H
これらは、化合して植物体を作る炭水化物となる。また、炭水化物は、成長のためのエネルギー源となる。炭素は炭酸ガスからとり、酸素と水素は水からとる。

◆窒素N
原形質を構成する成分であるアミノ酸、タンパク質、補酵素類、核酸、クロロフィルなどには、すべて窒素が含まれる。窒素が欠乏すると、葉の黄化、離層の形成などの老化現象が進む。窒素が多すぎると、葉は深緑となり、成熟が遅れ、病害の発生など、いろいろの災害を引き起こす。窒素の過剰はリン欠乏症に似る。土中では欠乏しやすい

◆リンP
リン酸イオンの形で吸収される。体内では、核酸、リン脂質、糖リン酸エステル、ATP、NAD}Pなどを構成している。リン酸は細胞液中に大量に存在し、浸透調節や液胞中のpHを調節する緩衝作用に重要な働きをしている。土中では欠乏しやすい

◆イオウS
イオウは、システイン、シスチン、メチオニンなどの、含Sアミノ酸に含まれている。これらのアミノ酸はチオール構造によって、タンパク質の構造を保っているため、イオウは不可欠である。土中には十分に含まれているので欠乏症状は一般には現れない。これが欠乏すると、葉は退色し、黄色となる。

◆カリウムK
植物体の構成成分ではないが、でんぷんやタンパク質などの高分子合成反応に影響する。カリウムは、細胞の液胞液に大量に存在し、細胞の浸透圧の調節に重要な役割を持っている。これが欠乏すると、呼吸、光合成、クロロフィル生成というようないろいろな面に影響する。土中では欠乏しやすい

◆カルシウムCa
大部分は不溶性のシュウ酸カルシウムとして、液胞中にあり、また、不溶性の塩として、炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、硫酸カルシウムなどとして液胞や葉の移管束の中にある。カルシウムが欠乏すると、同化物質の転流に支障をきたし、芽の成長が抑制される。土中に十分含まれている。

◆マグネシウムMg
クロロフィルの形成に必須。光合成において、ATPの分解酵素を活性化し、ATPと結合して酵素の働きを助ける。タンパク質合成にも必須である。マグネシウムが欠乏すると、クロロフィル生成が阻害され、葉が黄化する。まず古い葉の葉脈間が黄変し、次第に黄色の部分が拡大し、壊死する。土中に十分含まれている。


微量元素については、軽くふれます。
・鉄Fe クロロフィル合成に関与する酵素を活性化させる。欠乏すると、若い葉が黄化する。
・銅Cu 欠乏すると、若い葉が脱落する。
・マンガンMn 多くの酵素を活性化する。光合成では、酸素の放出する反応に関与。
・亜鉛Zn 欠乏すると、節間がつまる。
・モリブデンMo 硝酸をアンモニアに還元する反応に必要。窒素の固定にも必要で、窒素ガスの固定を触媒するニトロゲナーゼに含まれている。
・ホウ素B 欠乏すると成長中の組織の中心部が壊死する。
・塩素Cl 光合成を促進する。

必須元素以外の元素としてケイ素Si、ナトリウムNa、コバルトCo アルミニウムAlがあります。

参考『栽培総説』



さて、園芸店などで肥料をみたとき、N-P-K 12-12-12という表示を見たことはありませんか?これは、、保証成分といって、肥料の三要素である窒素、リン酸、カリの含有率を示したものです。ちなみに、この表示をしなければ、肥料とは認められません。アクア界で肥料と謳っている添加剤は保証成分表示がないため、肥料とは呼ぶことができません。

ところで、なぜ窒素、リン酸、カリが三要素とされているのでしょう。
それは、上記の各元素に表示してありますが、この3つは土中では欠乏しやすいからなのです。陸上で栽培することを前提としており、土中ではよく与えてあげないと育たないからなのです。

アクアリウムではどうでしょうか。生体のウ○コは、アンモニアのイメージからか、窒素が多量に含まれていると思われがちですが、実は窒素、リン、カリウムすべてが含まれています。生体の種類やエサによっても変わりますが、どれかがとびぬけて多いということはないようです。多くても5~15倍程度です。

ほかの元素についても検討しましょう。
・炭素 完全に水中にある水草は、大気中の炭酸ガスを少量しか取り込むことができませんが、炭酸ガス強制添加という方法がすでにあります。
・酸素 水に多量に含まれています。
・水素 水に多量に含まれています。
・イオウ 供給源がありません
・カルシウム 供給源がありません。
・マグネシウム 供給源がありません。

これらをまとめると、アクアリウムにおいて欠乏しやすい多量元素は、炭素C、イオウS、カルシウムCa、マグネシウムMgとなります。


つまり、CO2添加を前提としてアクアリウムにおける三要素はイオウS、カルシウムCa、マグネシウムMgということになります。


微量元素は、園芸用として売られているものを、たまに与えるだけで良いと思います。ほかに注意すべきこととして、カルシウムを多量に添加すると水質がアルカリとなり、金属元素の欠乏となります。また、カリウムが多すぎると、カルシウム、マグネシウムの欠乏症を引き起こします。


ソイルを使うと調子が良いのは、土を焼き固めたものなので必須元素がほどよくそろっているためです。あらかじめ含まれていた元素を消費しきると、ソイルの寿命ということになります。




今後は、イオウ肥料、カルシウム肥料、マグネシウム肥料をつくり、検討していきます。


ちなみに、私は農学の専門家ではありません。素人の付け焼刃程度の知識ですので、もし間違えがありましたら是非教えて下さい<(_ _)>とくに、イオウが生体の排泄物にどれほど含まれるのかが曖昧です。よろしくお願いします。
copyright © Water,Green & Fish all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。