上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前製作した自作プロレイザーですが、まっすぐに研げば研ぐほど、曲がったガラス面に密着しなくなるという事態になってました。

曲がったガラス面に蔓延ったコケをそぎ落とすには、ガラスの曲がりに応じて常に変形する刃が必要ということが分かりました。



それを考えたら、こうなりました。



razorIII01.jpg

razorIII03.jpg

カミソリを装備!
普段使ってるヒゲソリ(シッククアトロ4)の切れ味が悪くなった刃です。4枚刃をばらしてます。かなり薄いので、水槽のガラス面の曲がりにあわせて曲がってくれます。

やっぱ、よく考えられてるんだね。ADA。

razorIII04.jpg
断面

razorIII02.jpg
正面

制作費は、パイプが200円ほど。ステンレス板(切り出す前の)は300円ほど。カミソリはヒゲソリの使い古しなので0円。しめて500円くらいです。
ヒゲソリの使い古しといっても、ヒゲは切れにくくともまだまだ刃は立ってます。もちろんコケは一発KO。ヘアーグラスの上をさっと撫でると、それだけでトリミングできちゃいます。おまけにかなり錆びにくいし。


ちなみに、これを作る前、ガラスのたわみに気がついてないとき、焼入れされたステンレス包丁でも作ってみました。どんなにまっすぐ研いでも両サイドのみ細い線状にしかコケを削れませんでした。

やはり、この形状がコケとり器具の最終形態のようです。
スポンサーサイト
自作ファン「WINDY FLOWER」が完成しました!!!

windyflower02.jpg

なかなかうまくできたと思います。



◆材料
・PC冷却ファン12cm

・アクリル板 やや厚めのもの(木口面で接着できるもの)

・ACアダプター

・フレキシブルアーム
  (フレキシブルアームは、「どっちもクリップ」という、スポットライトなどをはさむ商品の、アーム部だけを取り外して使います。このアームは、中空になっていて配線を通せる上、両端がネジ&ナットになっているので、大変使いやすいです。ミニ水槽用の照明のアームにもつかってます。)

・熱収縮チューブ、圧着端子など



◆細部

windyflower07.jpg
まずはファンのフレームを切断して、真ん中のモーター&羽のみにします。
羽を傷つけないように注意します。
(※追記 切断の際に、ニッパーやペンチで切ろうとすると、他の必要な部分にヒビが入りやすいです。小さいのこぎりなどを使いましょう。私はルーターのミニ丸鋸で切りました。)

windyflower03.jpg
そして、細く切ったアクリル板を、アクリル用接着剤でしっかりと接着します。
アクリル接着は、うまくいくとつなぎ目が見えなくなって、かなりきれいになるので、気持ちいいです(^▽^)


windyflower06.jpg
フレキシブルアームをつなぐための、小さいアクリル板を接着します。ここは特に注意して接着します。うまくくっついてないと、ぺろーんとなって、ファン本体が水没するので、慎重に。
ここは、接着よりも、熱でぐにっと曲げたほうが良いかもしれません。

windyflower05.jpg
コードを通す穴をあけて・・・
フレキシブルアームの中へ。

windyflower09.jpg
あとは、アダプターにつなげて、完成です!!
アダプターは、ファンにあったものを選びましょう。今回使ったファンはDC12V で、180mAですので、アダプターはアウトプットがDC12V 350mAのものを選びました。
+と-にも気をつけましょう。普通、真っ黒な線が-です。
このアダプターの場合、端子の外側が-ですね。




windyflower11.jpg
設置。


windyflower10.jpg
始動!!!


風向自在。音も静かで、冷却性抜群!!お気に入りのアイテム殿堂入りですヽ(´∀`*)ノ
最近、構想ばっかりで製作をおこたり気味のatabishです。

今回も構想です。

今回は、次期導入予定の水槽の台の製作です。


図面です。表記などは適当ですw
pedestal01.png

コストと安全面から、材料はパイン集成材を使います。
無垢材はカッコいいですが、水槽台という製品が故、水に近く反りが怖いので集成材です。扉は観音開きにします。


主役の水槽の導入がまだはっきりしないので、製作はもう少し先になりそうです。
次回乞うご期待!
windyflower01.gif

さて、日差しが眩しい季節になってきました。静岡では、日中の気温が30度を上回るようになりました。
この時期に必要になるのが、冷却装置。去年までは、小型扇風機を水面に向けて風を送っていましたが、とても不恰好。ちょっとコジャレたファンを作ってみようと思います。

上の画像にあるように、柄に羽がついただけのごくシンプルなファンです。柄をパイプにすれば電源コードも中に収められるのですっきり。

今んとこの構想は、PC用の冷却ファンのモーターとファンのみを残し、まわりの四角をとっぱらいます。そんで、モーターの台に柄を取り付けて完成。金属羽の小型扇風機にしようかとも思いましたが羽がむき出しになるので、安全性を考えて、プラ製にします。
柄の曲げは、角度を自由に変えられるようにフレキシブルにしようと思います。

細部をもっと煮詰めて、材料調達、製作していきます。
次回をお楽しみに。
外部フィルターの自作です。

A○Aのスーパージェッ○フィルターみたいなカッコいいのが欲しい~~
でも高い~~~

という訳で、作りました。


ステンレスの密閉円筒容器は、手に入りそうになかったので、塩ビ管を使いました。
こんな感じ
metaljetfilter.jpg

塩ビ管の下にフタして、上は掃除口をつけ、メタリックに塗装して、一番上にポンプをのっけてはいできあがり。ってな構想です。

フィルターは、適合水槽よりもワンランク上のものを使うのはもはや常識。ってことで、ポンプにはこれを使います。
mtlfirter08.jpg
レイシーマグネットポンプRMD-151

スーパージェットフィルターのES-1200と同等クラスです。というか、ADAはこれをまんま使ってると思います。スーパージェットフィルターのポンプはたしかレイシーのOEMです。


そのほかの材料は、



mtlfirter02.jpg
水道管補修パテ
パイプのシーリングに使います。
パイプも内径16mmのものを使いますので、シリコーンでのシーリングだけでは、強度的に不安だからです。

mtlfirter05.jpg
水道の蛇口
ステンパイプのエルボーが手に入らなかったので、これをエルボーとして使います。
パイプカッターで、エルボーの部分だけ切り取ってつかいます。

mtlfirter04.jpg
名前忘れました・・・(笑)
ユニオンソケットでした。
ろ過槽内とポンプをつなげるやつです。

mtlfirter03.jpg
ポンプの口につなげます。

mtlfirter07.jpg
カッティングシートとパイプ
塩ビ管の塗装に「メッキ風スプレー」を使おうとしましたが、実際にホームセンターに行って、サンプルを見ると、とてもシルバーには見えなかったので、アルミカッティングシートを使うことにしました。

mtlfirter09.jpg
塩ビ管
今回は内径150mmのものを使いました。
切り口は、必ず面取りします。面取りしないと、うまく接着できないようです。

mtlfirter12.jpg
塩ビ管掃除口

mtlfirter13.jpg
塩ビ管ソケット

mtlfirter11.jpg
シールテープ
ネジの部分にネジの方向に2、3週巻きます。
これがないと、つなぎ目からじゃばじゃば水漏れします。とても大切なものです。


mtlfirter10.jpg
塩ビ管接着剤
これで、塩ビ管どうしを接着します。


あと写真を撮り忘れましたが、塩ビのキャップ(下のフタ)も必要です。





■ろ過槽の組み立て

・まず、塩ビ管を必要な長さに切ります。斜めに切ってしまうと、しっかりと接着されないので気をつけます。
・次にキャップ(底のフタ)をつなぎます。タフダインを満遍なく塗り、むぎゅーっと押し込みます。まっすぐ押し込まないと水漏れします。
・掃除口(上のフタ)をつなぐために、ソケットを本体につなぎます。こちらも、むぎゅーっとします。ソケットが接着できたら、掃除口を同じようにつなぎます。
・タフダインの溶剤がとんだら(一晩でとぶと思います。)いよいよメタリックにしあげます。表面という表面に、アルミカッティングシートを張ります。どうしても張れないところは、油性ペン(タミヤのマーカー・銀)でごまかします。

mtlfirter16.jpg


■配管

mtlfirter17.jpg
出水側を作ります。
・掃除口のフタに、16mmの穴を開けます。本当は金属用のドリルの刃であけたほうがいいですが、木工用で穴をあけられたのでよしとします。
・穴があいたら、塩ビの部品(名前忘れたやつ)ユニオンソケットをさしこみ、水道管補修パテをこれでもかっていうくらい隙間に詰め込みます。写真くらい詰めとけば、水が漏れる心配は無いでしょう(笑)

吸水側
mtlfirter19.jpg
・ろ過槽本体の下のほうに、パイプよりも若干大きな穴をあけます。隙間が1mmくらいがパテを詰めやすいです。
・水道蛇口エルボーを差込み、パイプとの隙間をパテで詰めまくります。今度は、手探りでの作業ですので、時間を掛けてゆっくりやります。
mtlfirter20.jpg
こんなかんじになります。


■ポンプの取り付け
一晩放置し、パテが硬化したら、いよいよポンプの取り付けです。
mtlfirter18.jpg
ネジ部分にシールテープを巻き、水が漏れないようにしっかりと閉めこみます。ただし、ポンプ側のネジはプラスチックで、エルボー側のネジは金属なので、力を入れすぎると、ポンプ側のねじ山がつぶれてしまいますので気をつけます。
ポンプとフタの間には、振動防止のためゴムをはさんであります。


mtlfirter21.jpg
完 成 !!




レイシー、すごいパワーです!
吸引力がすごすぎて、吸水側のホースがぺしゃんこになってますw
しかもろ過槽内の圧力がかなり下がり、溶解していたCOが気体化。エア噛みしてしまいます。
吸水ホースを太くしないとなー。
copyright © Water,Green & Fish all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。