上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
diy arab

atabishの、DIYについての考えです。

アクアリウムでは、DIYは盛んに行われています。その目的の多くが、市販品と比べてのコスト削減のために行われています。それはもっともな考え方です。安くあげるためにDIYしてお店で売ってるのよりも費用が高くかかっちゃた。。。じゃ、話になりませんもんね。

DIYの目的として考えられるのは、
 ・コスト削減
 ・作ること自体が目的
 ・ショップでは手に入らない器具、道具の創作
 ・見た目重視(市販品よりよりオシャレに)
 ・器具の性能アップ

などでしょうか。

私の優先順位は、
 1.見た目
 2.性能
 3.コスト
 4.創作
 5.製作
といった感じです。

私は、アクアリウムを、部屋のインテリアとして楽しむということを大切にしています。なので、多少高くついても、市販品よりもオシャレなものができるなら、コストは惜しまない。という考えです。(場合によりたまに、コストが上位にくるときもあります(笑))

インテリア性重視のアクア器具に関しては、主役、脇役をはっきりさせることが大切だと思っています。アクアリウムの主役は、”生体”。脇役は器具。派手な器具が回りにたくさんあっては、何が主役かわからなくなり、見ている人に雑然としている印象を与えます。ディズニーにたとえると、アリエルとベルとジャスミンとシンデレラにティンカーベルなどが同時に出てくる映画のようなものです。これはこれで面白そうですが、ストーリーをつくるのに、とんでもなく難しいことになると思います。多くの主張をまとめるのは、かなり至難の業なんです。なので、ヒロインは一人、あとは多くの名脇役たちに支えてもらいます。
アクアリウムの器具は、ライオンキングのティモンとプンバァのような名脇役であることが大切です。ADAの製品が人気があるのも、器具は決して主張せず、主役である生体(水草)にそっと力をそえることで、よりいっそうまとまりのある深みがでるからだと思います。

いろいろと長くなりましたが、

「アクア器具は名脇役」


この考えに沿った器具を作っていきたいと思います。
スポンサーサイト
copyright © Water,Green & Fish all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。